北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリア初心者は、赤や青などの原色系をメインカラーにして、部屋を作ることは避けた方が無難です。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリア初心者が知っておきたいこと

インテリア初心者がやりがちなのが、自分の好みの色や柄ばかりを取り入れて部屋をコーディネートしてしまうことです。部屋作りは自由なので悪くは無いのですが、好みだけを取り入れると、面白味のない部屋になったり、統一感が出ずにリラックスして過ごせないと言うことにもなってしまうので、部屋のコーディネートのやり方を知っておくべきです。好きなものに囲まれて過ごしたいと言う気持ちは分かりますが、知識が無いままでは上手く部屋を彩ることが難しくなります。インテリアのコーディネートでよく言われるのが、原色系で揃えないと言うことです。赤や青、緑や黄色などの原色系は、それぞれの色が主張し合って、色のまとまりがなくなるので、リラックスできる部屋を作ることが困難になります。初心者の方は特に、原色系はメインカラーで使うのではなく、アクセントカラーで使うように工夫することです。

しかし、あくまで初心者の方は原色系で部屋を彩ることを避けた方がいいと言うことであって、インテリア上級者の方は原色系をふんだんに取り入れて、ポップな感じの部屋を上手く作れたりするので、決して部屋には原色を取り入れてはいけないと言うことではありません。

注目情報