北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

私は、インテリアを変更し続けている友人の家に行くことが大好きです。素敵なお宅になっています。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

変化するインテリアについて

私の友達の家が、どんどん変化していくので遊びに行くのがとても面白いです。友人は、旦那さんとマンションを購入して生活をしています。そのマンションはまだ新しく購入したばかりの物件だったのですが、購入直後にはすでに、夫婦の趣味の詰まったインテリアにつつまれており、彼女のインテリアに対する愛情がとても伝わってきたという印象をうけました。友達の以前のインテリアは、赤い家具などが中心になっており、比較的、色が濃いというイメージがありました。ですが、どんどん変化していったインテリアは、いつの間にか原色はなくなっていき、木目であふれる素敵なインテリアにかわっていったのです。とても驚いてしまいました。

以前の友人のお宅を知っている私ですので、その違いには度肝を抜かれました。きっと、以前の様子を知らない方が知ったら、驚きを隠せないと思います。インテリアは、ジャンルによって同じ部屋でも全く違った部屋に改造することが出来ますので、そういった部分がとても面白いところだと思っています。自分の好きな空間を作り上げることが出来るインテリアは、本当に私達のようにインテリアが好きな人たちにとっては趣味の様なものだと思いました。