北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアスタイルの種類の中にモダンがありますが、その中のジャパニーズモダンスタイルについて記載しています。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアの中のジャパニーズモダンスタイルについて

インテリアの種類のなかにモダンがあります。近代的で斬新な家具などを多く利用されたインテリアになります。そんなモダンスタイルのなかに最近人気のある種類がでてきました。それがジャパニーズモダンスタイルというインテリアです。ジャパニーズモダンという言葉を聞いて、日本風で飾り気のないシンプルなインテリアをイメージするかもしれません。特にジャパニーズといって思い浮かぶのは畳みだと思います。ジャパニーズモダンスタイルというのは、日本独特の和を重要視したインテリアになります。ですが、この和とはわとよまずなごみと読み日本独特の落ち着きと癒しを兼ね備えたインテリアと言えます。

昔の日本家屋を想像していただければイメージできると思いますが、畳みに気の柱に木でできた箪笥などは見ただけで柔らかく穏やかな気持ちにしてくれるものです。そこに近代的なモダンを組み合わせることで作り上げていきます。カラーとしては緑や茶色といった色だけではなく、茜色や蜜柑色といった鮮やかなものや萌黄や新橋色といった落ち着きのある色もよく利用されます。素材としては畳みの他には竹といったものや、玉砂利なども良く利用されます。また、日本独特の和紙なども取り入れます。ですが、あくまでもこれはモダンになるため完璧な日本の和に統一する必要はありません。フローリングの中に一部だけでも和を取り入れて作り上げていくのだジャパニーズモダンスタイルといえます。

注目情報