北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアのラグの選び方について。形や色柄だけではなく、お部屋にあったサイズをきちんと選ぶ。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアのラグの選び方

インテリアでも目をひくのが床に敷くラグですよね。おしゃれな部屋にしたいから、新しいラグを買いたい、というひともいるでしょう。素敵なラグを敷くだけで、シンプルなお部屋がモダンなお部屋に変わるかと思います。しかし、色柄だけで選ぶとあとで後悔してしまうことがあるかもしれません。ちゃんとチェックしたいのがサイズ感ですね。お部屋の広さはいろいろあります。ネットなどで選ぶ場合は特に、サイズ感がわかりにくいと思います。画像にあるお部屋に敷かれているのを見て、自分の部屋にあてはめてしまうでしょう。

しかし、六畳の部屋と十畳のお部屋ではラグを敷いた時に雰囲気が変わってきますよね。サイズが理想にあうかどうか、メジャーを使って実際に床でためしてみたほうがいいと思います。想像と実際の大きさは違いがあると思うからです。床が見える範囲の微妙なバランスも大事でしょう。ベッドや他の家具も置いているはずですから、それらとの相性やサイズ感もあると思います。ベッドの下まで入ってしまうのか、それともベッドの外でおさまるのかでもお部屋の印象がかなり違うと思います。色柄で気にいったものがあってもサイズでNGとなっては悲しいので、最初にサイズをしっかりはかりたいですね。

注目情報