北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

シューズラックのインテリアについて。シューズラックのサイズなどは手持ちの靴の数を数えてから選ぶ。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

シューズラックのインテリア

シューズラックのインテリアはサイズやデザインも様々だと思います。大きければ靴が増えても大丈夫、と大きいサイズを買うのはちょっとまったほうがいいかもしれません。靴が大好きで収集といってほどそろえているならいいかもしれません。しかし、履ける靴の数はだいたい限られていますよね。流行おくれだったり、あまり履かない靴はおもいきって処分したほうがいいと思います。いらない靴のためにスペースをとるのはもったいないことだからです。ですから、シューズラックを買うなら、一度靴の整理をしてからがいいと思います。

何年も履いていない靴などや、もう履く気がない靴もけっこうあると思います。そういう靴を処分していくと、けっこう靴の数が少なくなると思います。靴が増えるかも、と思うかもしれませんが、それはただ、新しい靴を買ったのに、もう履かない靴を処分していないだけのことです。この先も新しい靴が欲しくなったら、もう履かない靴は処分すればいいのです。自分でこのぐらいがちょうどいい、とうサイズのシューズラックを選ぶと、そこに入りきらない靴を自動的に処分するかどうかを考えるいい機会になると思うので、紙の靴箱にしまうよりも、ラックがあるほうがいいかもしれません。

注目情報