北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアの種類としてアジアンスタイルがありますが、その中で重要なカラーについて記載しています。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアの中のアジアンスタイルカラーについて

気分だけでも高級リゾートを感じることができるスタイルの1つとして、アジアンスタイルがあります。南国独特のインテリアは、忙しい日々の疲れを癒してくれる空間ともいえます。そんなアジアンスタイルのインテリアですが、重要なアイテムとして素材があります。アジアンを意識した素材で作られた装飾品を駆使することで、部屋はぐっとリゾートへと変わっていきます。そして、次に大切なのが色になります。アジアンカラーと呼ばれるアジアンスタイルには欠かせないものになります。アジアンカラーで統一したインテリアを使用することで、ぐっと落ち着いた雰囲気を作りだすことができます。

まず、代表的なアジアンカラーとしてあげられるのがブラウンになります。ただのブラウンというわけではなく、ブラウンをベースにしたなかにアンティークを取り入れたカラースキームになります。他にはイエローもアジアンカラーになります。イエローは香辛料やターメリックといったイメージにつなががり、スパイスカラーとも呼ばれるインパクトをつけてくれます。そして最後に、レッドになります。もちろんこれもただの赤と言うわけではなくアジアンレッドとなります。アジアンテイストを取り入れたカラースキームであるレッドなので、それらをインテリアにとりいれるだけでパワーを感じられるインテリアになると思います。