北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアで重要なのは大きさと柄です。好きな柄でも思いがけない効果をもたらす場合があります。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアの配置と柄

インテリア選びの重要なポイントは、柄と大きさです。特に部屋のコーディネートをする上で柄はもっとも重要なポイントです。部屋の構成はベースカラーにアクセントカラーとメインカラーを合わせます。アクセントカラーがバラバラであったり、そういったインテリアを多く設置してしまうと部屋のバランスが崩れます。

柄選びも重要です。ノルディック柄や民族風な柄は他のインテリアを選びます。セットで考えて購入することが大切です。また、壁紙でお洒落で取り入れやすい柄がストライプです。シンプルなので、あらゆるテイストのインテリアにマッチします。しかし、そんなストライプ柄も使用には注意が必要です。横のストライプ柄は部屋を横方向に広く見せてくれますが、天井を低く見せてしまいます。逆に、縦方向のストライプは天井を高く見せてくれますが、横方向に狭く見せてしまいます。これはストライプの太さが太くなるにつれて効果が高まります。広い部屋であれば取り入れても問題ありませんが、狭い部屋を広く見せる為に活用するのであれば注意が必要です。ベースカラーは飽きのこない白やベージュがおすすめです。この色であればアクセントカラーにどんな色を持ってきても馴染みます。

注目情報