北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアと間接照明を組み合わせれば、よりお洒落な部屋を作れます。当て方によって雰囲気を変えられます。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアを良く見せる為に間接照明を駆使する

インテリアを上手く配置すれば、部屋をより広く見せられたり明るく見せることも可能です。そして、インテリア自身をより素敵に見せることも忘れてはいけません。その方法は間接照明を当てることです。テレビの後ろに間接照明を付けると、テレビの光による目の疲れを軽減出来ます。インテリアは見た目だけこだわるのではなく、機能も考えて配置することで本当の意味で良い住まいに出来ます。

あえてメインとなる照明を使用せずに間接照明を使用すると、ムーディな雰囲気を演出したり、部屋がオシャレに見えます。また、テーブルの裏側に照明を取り付けるのも効果的です。下向きに照らしてくれるので、まるで焚き火をしているかのような光が漏れます。基本的には部屋の端に置いてあるインテリアに間接照明を当てます。ソファは部屋の端に設置して、その後ろから照らすように配置すればよりお洒落な部屋になります。また、カーテンに当てるのもおすすめです。カーテンにはファブリック生地が使用されているので、個性的な表情を持っています。そんなカーテンに照明を当てると、そういった柄が浮かび上がってラグジュアリー感を演出出来ます。このようにインテリアと照明を組み合わせることでよりお洒落な部屋が作れます。