北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアの設置方法を工夫すると部屋を広く見せられます。好きなインテリアだけを選ぶと狭く見える場合があります。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

インテリアを駆使して部屋を広く見せる

予算の都合上広い部屋に住めなかったり、一人暮らしでも部屋の広さに不満がある時には、インテリアの配置を駆使して部屋を広く見せることが大切です。代表的な方法は部屋のインテリアを白で統一することです。一般的な賃貸物件であれば壁の色は白が多く、インテリアを白に統一するだけで完成します。より部屋を広く見せるだけではなく光を反射させて、部屋を明るくしてくれます。また、爽やかに見せてくれます。アクセントはグリーンやブルーをメインに選ぶことでよりナチュラルに見せてくれます。

そして、視線が奥まで通るように配置することが大切です。大きい家具を手前に配置してしまうと、その家具に目がいってしまって部屋が狭く感じます。ポイントは低い家具を設置して、大きい家具は奥に設置します。出来れば部屋に入って窓に目がいくまでに邪魔な物は一切置かないようにします。また、インテリアに黒を選ぶ際には注意が必要です。黒で統一すると部屋を狭く見せてしまいます。そんな時には、家具の一部分に他の色が使用されている物を選びます。それだけで部屋が狭く見える減少を緩和してくれます。自分が好きなインテリアだけでコーディネートするのではなく、広く見せることも大切です。