北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

北欧テイストのインテリアは洋室にも和室にも使用できます。壁の色と近い色は壁から離して設置します。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

北欧インテリアはどんな部屋にも合う

インテリアの中でも最も明るい部屋になるアイテムが多いのが北欧テイストのインテリアです。北欧テイストの特徴は白や黒を基調としており、その中に明るい色を差し色で取り入れるスタイルです。和風や洋風には無い鮮やかな配色が特徴です。そういったテイストは洋風の部屋の内装を変えるところから始めなければ、北欧インテリアでコーディネートすることは難しいと考えられがちです。

しかし、北欧インテリアはどんな部屋にも合います。壁がコンクリートや茶色の壁紙の洋室や、純和風な和室にも合います。取り外しが可能な壁紙を使用して壁紙を白にする方法もいいですが、手間がかかるので今の部屋に合うようにコーディネートします。壁が茶色ということは、赤や黄と相性が良いです。しかし、せっかくのアクセントが映えにくいので、壁から離れたインテリアに赤や黄を使用します。壁に近いインテリアは青を選ぶことでオシャレに見えます。和風の部屋であれば自由に配置してもオシャレです。その時に気をつけることは、部屋のインテリアを低く設置して、部屋の奥に間接照明を設置して部屋を広く見せることです。また、机は必ず北欧テイストの机を選びます。和風のインテリアを選ぶとバランスが崩れます。

注目情報