北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

話題のアンティークインテリアを気軽に楽しむ方法やポイントについてお教えします。簡単で楽しいですよ。

北欧インテリアは日本の住居とマッチしやすい

アンティークインテリアを気軽に楽しむ

最近話題のアンティークインテリア。一括りでアンティークと言えども、テイストや素材が持つ風合い、また価格も様々です。まず、アンティークなインテリアが好きだけれども、どんなインテリアから集めたらいいのか迷っているという方にお勧めなのが、ガラス製品や陶磁器・布製品・洋書・スタンプなどの【小物】を集めることがオススメですよ。比較的安価で集めることができ、さらに小物なので場所も取りません。もちろん年代や状態によって価格が左右されますが、集めやすさと取り入れやすさの観点から見ると、小物は非常にオススメです。小物なら安くて1000円ほどから存在し、そしてその一点しか存在しないものが多く、二度と同じものはなかなか手に入らないのです。そう思うと、たとえ小物であっても愛着が湧くかと思います。

一番取り入れやすいアンティークの小物でオススメなのは「インクビン」です。イギリスから輸入されることが多く、ガラス製と陶器製のインクビンがあり、それぞれとても味のあるものが多いです。どちらがオススメかは好みに分かれてしまうのですが、透明感がありナチュラルなのはやはりガラス製のインクビンになります。陶器製のインクビン(ポット)は日本の骨董品と相性が良く、信楽焼きのような質感のものが多いです。価格も1000円ほどから存在しますので、まずはお試し感覚でインクビンを飾ってみてはいかがでしょうか??